img

リートについて

リートとはReal Estate Investment Trustの略称です。不動産投資信託、不動産投資法人のことを指します。
リートはまず「証券化」という方法で投資家から資金を集めます。証券化とは必要な資金を小口に分けて販売することを意味します。これにより個人でも手が出せる金額で投資することが可能になります。

集めた資金で住宅やオフィスビル、商業施設等の物件を取得し、賃料やテナント料などの一部を投資口数に応じて投資家に還元する、という仕組みになっています。
リートでは20~70万円程度の資金から投資ができますし、物件の選択も管理も投資家がやるわけではありません。リートは個人の投資が難しかった不動産物件を、少額の投資で実現することを可能にしました。また利益の90%以上を配当すれば非課税になるという制度があるため、高配当を出すことができます。

しかしながら、当然リスクも伴います。
リートは主に賃貸収入が利益となりますので、安定した利益を供給することができます。しかし所持物件のテナントが突発的に出て行ってしまい、空室化してしまった場合利益を上げるのは難しくなります。長期的見た場合、不動産の劣化・老朽化の問題が指摘されます。
ほかには地震等の自然災害もリスクの1つです。これらの欠点をカバーするには、複数の物件に分散投資を行うなどしてリスクを減らしていくことが必要です。